頭重感のつらさの一番の理由は、はっきりした症状ではないということ(人に大変さが伝わらない)だと思う。

頭重感のつらさと症状について
頭重感のつらさと症状について

頭重感のつらさと症状について

頭重感のつらさと症状について
頭重感の症状って「頭が重い」と書くだけあって、いまいち、その大変さが伝わらない。なんとなく、だるい感じだったり、動きたくなくて、でも痛いわけでもないから大げさにもできないし。なんかすっきりしない感じ。でももしかすると後ろに大きな病気がかくれてるかもしれないという、恐怖感や不安感はものすごくはある。友人は雨の日に特にそういう症状が出ることが多い、と言っている。その日が休みならいいが、仕事の時だとやる気が全然でないみたいで、朝からつらそうにしている。甘いものをとると少しはいいっていって、よく缶コーヒーを買って飲んではいるけど、はたして効いているのか、効果はいまいちな感じ。
自分はあまり頭が重いと感じることはないんだけど、その友人をみていて思うことは、頭重感の一番つらいところは誰にもわかってくれないことじゃないかなと思う。頭痛ならまだしも(え?それぐらい?気合いがはいってないんじゃない?昨日夜更かしでもしたんでしょう。)ですまされそう。栄養剤のんどけば、ぐらいの感じ。頭痛なら頭痛薬飲んでれば、すぐ痛みもとれるんだけど、頭重感に効く薬なんて効いたことないし。薬局で聞いたら、安定剤みたいなのだされそうだし。でも仕事をしている人にとっては、大事な会議やプレゼンの日にやってくると、とってもマイナス。最高のコンディションで臨まなければいけない時には、頭重感はの症状はやっかい。頭重感の薬ってあると思うんだけど(効くかどうかは別として)大事なのは一度病院でしっかり診てもらうこと。CTやMRIで何か病気が隠れてないかをしっかり見てもらうこと。脳神経外科などの専門病院でみてもらうのが一番だと思う。隠れ脳梗塞とかもしかしたらあるかもしれないし。見てもらっといて安心を得るのも大切だと思う。もしそれで何もなかったら、あとは気合いと思って、症状がでたら、栄養ドリンクを飲むとか、好きな音楽を聴くとか、何らかの症状緩和のスイッチを自分の中で見つけてみるのもいいかもしれない。

おすすめ情報

Copyright (C)2017頭重感のつらさと症状について.All rights reserved.